N家と猫のはなちゃんの日常

N家(父、母、息子)の三人が、自分の趣味や日常を綴ります

誰でも簡単、リップスティック(ブレイブボード)に乗る方法

にほんブログ村 料理ブログ 簡単お弁当へ
にほんブログ村

誰でも簡単、リップスティック(ブレイブボード)に乗る方法

 

f:id:hananekochang:20190502174746j:image

 

皆さんこんにちは息子です。

今日は子供達に大人気のリップスティックに乗る方法を伝授していきたいと思います。 

 

やった事がない方や、買ったけど乗れなくて諦めてしまった!

(乗れなくて諦めてしまう家庭も結構多いようです)

 

そんな貴方は是非この記事を参考にして、お子さんと一緒にチャレンジしてみましょ

う。

 

乗れるようになると、大人もハマるくらい面白いですよ!

 

では、誰でも簡単にリップスティク(ブレイブボード)に乗る方法について、

解説していきたいと思います。

 

 

 

1.装備・場所

やはり転ぶ可能性があるので、ヘルメット、ひじ&ひざ当ては着用して下さい。

特に子供は一度転んで、怖いと思ってしまうと、チャレンジするのを止めてしまう事が

多いので、転んでも痛くない、怖くないという安心感を与えてあげるといいでしょう。

 

練習場所ですが、なるべくいい路面で練習して下さい。路面が悪いと前進するのに、

計な力が必要になります。またなるべく広い公園等で練習すると上達が早くなります。

狭い所で練習をすると、ターンをする時に気を遣ったり、傾斜や溝があったりと、

別の事にも気を遣う必要が出てきます。

 

 

2.その場で乗ってみる

 ・最初にその場で乗り降りの練習をしてみましょう!

まず自分側にリップスティックを傾けて、両足を乗せ、前に倒して降りる練習をしましょう。一瞬のる程度で大丈夫!

f:id:hananekochang:20190502173945j:image

この段階では前に進もうとしなくて、OKです

とにかく乗ったり下りたりを何度かやってみて、感覚をつかみましょう!

 

3.前に進んでみよう

では次にさっそく乗って前に進んでみましょう!とはいっても、

いきなりは出来ないので、お父さんやお母さんに手を引いてもらい、

前に進むときの感覚、そしてリップスティック特有のあのくねくねした動きを

実際に体験してみましょう。

f:id:hananekochang:20190502174426j:image

 

*最初のコツは怖がらないで姿勢良く立ち、視線は進行方向を向き、

前足は突っ張ったような状態で、後ろ足を動かすイメージでやるとやりやすいと思いますよ。

 

4.少しづつ一人で乗ってみる

だんだん乗る事になれてきたら、次はスタートの時だけ

手を引いてもらい、少し勢いをつけてから、手を放し一人で乗ってみよう!

それを繰り返し、一人で乗る時間を少しづつ伸ばしていこう!

コツを掴めば、この段階で一人でずっと乗っていられるようになると思います。

 

5.一人でスタートの練習をする

実はこの乗り出しが一番難しいので、この練習は最後でOKです。

この段階の時点で、動き始めてからの乗り方は分ってきていると思うので、

勢いをつけて乗る練習をしましょう!

 

*進行方向に対しての前足だけ乗せて、

イチ、二でとんとんと加速をして、サンで乗る練習を繰り返しましょう!

最初に勢いをつける事が、乗ってから安定させるコツになります。

f:id:hananekochang:20190502174020j:image

どうでしょうか?!上記を繰り返し練習すればきっと乗れるようになると思います。

 

ただ一番重要なのは、「勇気」これだけです!!

 

勇気をもってチャレンジ出来ればきっと乗れますので、諦めないで練習しましょう!

 

6.応用編

一人で乗れるようになったら、更なる上達を目指し新しい技にもチャレンジしていきましょう!

 

逆乗り・・・いつも乗せる前足と後ろ足を逆に乗せて練習しよう!

 体幹を鍛えるトレーニングにもなるようですよ!

 

レイバック・・・進行方向側にある片手をつきながら、180 or 360°ターンする技です!この技で颯爽とターンをして、女の子にもてましょう!

 

ウィリー・・・前や後を浮かして、片側だけで乗る技

 これが出来たら、女の子にもてること間違いなし!極めたい方は練習しましょう!

 

友達とのタンデムライディング等。

 皆んなで、手を繋ぎながら乗ってみよう!

 

7.終わりに

先ほども記載しましたが、乗れるようになると面白いですし、様々なスポーツに対応で

きる、運動神経や自信がつくと思うので、是非チャレンジしてみて下さい!!

 

  

 

以上息子でした。